保育士の求人には載っていないこと~働き甲斐を追及~

保育士になるということ

保育士の求人情報誌には書かれていないけれど、実際に働くと思いもよらないことが起こります。それに対応できるためのスキルを身に付けておけば楽しく保育士として働くことができるでしょう。

持ち合わせておくべきスキルランキング

女の人
no.1

危機管理能力

子供が保育園の庭にある遊具で遊んでいる時など、怪我をしないように見張っていなければなりません。そして、遊具から転倒しそうかどうか判断することができる目を養っておくと良いでしょう。

no.2

応急処置

万が一、子供たちが怪我をしてしまった時に応急処置ができていれば怪我の悪化を防ぐことができるでしょう。ですので、応急処置の知識を身に付けておくことも仕事の1つとなっています。

no.3

保護者との対話力

保護者の中にはモンスターペアレントといい思わぬクレームを付けてくる方もいることでしょう。そういった場合であっても保護者の意見だけを訊くのではなく毅然とした態度を取れる先生であるべきです。

no.4

喧嘩の仲裁

仲が良い子供同士であっても時に喧嘩をしたり、仲間はずれをしたりすることがあります。その際は一方だけを叱るのではなく、状況を詳しく把握してから指導をすると良いでしょう。

no.5

報連相

自分一人で解決することができないような問題が発生した時は園内に居る方にすぐに報告、連絡、相談をできる人がいいとされています。相談をすることによって問題を解決に導くことができるでしょう。

保育士の求人には載っていないこと~働き甲斐を追及~

婦人

幼稚園教論資格

最近の幼稚園では教育を目的とした施設が増えて来ています。ですので、そういった施設で働きたいのであれば幼稚園教論資格を習得しておくと良いでしょう。これを習得するためには大学や専門学校に行って学ぶ必要があります。

履歴書

保育士資格

保育士の資格があれば、0歳から18歳までの子供がいる施設で仕事をすることができるようになっています。保育士に限らず幅広いところで活躍したいと考えているのなら資格を習得しておくと良いでしょう。

先生と子供

チャイルドマインダー

子供の心を理解した上で正しい教育や指導をすることができるチャイルドマインダーの資格を持っておくと、面接官に好印象を与えることができるでしょう。知名度もあるので、資格習得にチャレンジするべきです。

自信が持てる

資格があるだけで自分に自信を持って仕事に励むことができるようになるでしょう。また、できることも増えてくるので、自然と仕事にやりがいを感じながら日々を送ることができますよ。

広告募集中